2006年10月26日

撮影と掲載

盗撮して一人でコッソリ楽しむのはまだしも、無断で公の場所に公開すれば、肖像権の侵害、プライバシーの侵害、公開の方法によっては名誉毀損など、民事、場合によっては刑事でも有罪になります。

撮影するからにはどこかで公開したいのでしょうが、撮影することと公開(掲載)することは別次元の話なので、撮影者は公開するための撮影であることと、公開する場所を被撮影者に伝えて許諾を得るのが最低限のルール。

最近は撮影OK=公開もOK、と勝手に解釈する撮影者が多いような気がします。

↓参照
http://d.hatena.ne.jp/ranhoa_ri/20061025
posted by 巽@補完庫 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ネタフリ・雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1556201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

今日の捕捉情報(2006/10/26)
Excerpt: ★Index ・お知らせ・・・盗撮行為禁止のお願い
Weblog: 「悟り」を啓いた人のリンク集 ( by HAL )
Tracked: 2006-10-26 21:44