2007年08月31日

「悟り」と「顔隠し女装」

from たまきさん
http://anny4365.blog22.fc2.com/blog-entry-298.html

「悟り」と「顔隠し女装」のどこがどう違うのかというのは正直分かりません^^;


客観的にはどちらも同じですね。
悟り=顔隠し女装とわかっている悟り関係者には「悟りました」で通じますが、一般的には何のことだかわからないはずです。


よく誤解される点ですが、「悟り」は公開時に「顔を出さなくてもいい」のであって、「顔を出してはいけない」という禁止事項ではありません。

顔が識別できるものは「天竺」あるいは「天竺に旅立った人」となりますが、ネタ的な面での一貫性を持たせる意味が大きく、どちらかといえば記事を紹介する側の都合です。「悟り」として公開された記事に「天竺相当」などと注釈がつくことがあるのはこのためです。

「悟り」はただ着ただけの一発ネタから完璧な女装まで何でも受け入れて同列に扱う寛容さ(あるいは何でもゴザレのいいかげんさ)がありますので、それをどう活用するかは情報を投下する側しだいになります。

ですから「まぁ気の持ちようと思っています。」でいいと思います。


参照記事)「悟り」について
http://sa-to-ri.sblo.jp/article/1142940.html
posted by 巽@補完庫 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 反応
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5270743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック